FC2ブログ
5級~3段くらいの方を対象にした将棋講座です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

v.s. 原始中飛車

今回は、原始中飛車との1戦です。原始中飛車は素早い銀の繰り出しから、中央で主導権を握り、とにかく数の攻めで押し切ろうという戦法ですが、正しく受ければ簡単に潰されることはありません。この棋譜が原始中飛車に苦しめられている人に対して何かしらのヒントになれば幸いです。


▲yokotin+ v.s. △24で3段の人
スポンサーサイト
2011-02-28 : 自戦記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

横歩取り45角戦法

今回紹介する戦法は横歩取り後手45角戦法です。横歩取り将棋における後手の主流戦法は85飛戦法ですが、45角戦法もネット将棋ではよく見かけます。45角戦法は正しく先手に応手されると後手が苦しいというのが現在の結論ですが、途中の分岐が多く、決して一筋縄ではいかないというのが私の感想です。今回は、もっとも有名な進行を見て頂きますが、この水面下には膨大な変化が隠れているので、興味がある人は自信で研究されることをお勧めします。

基本図
45角戦法の基本図。
ここから切れそうで切れない後手の攻めが続きます。
先手は応手を間違うと何もさせてもらえずに負けてしまうので、非常に神経を使います。



2011-02-27 : 横歩取り : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

他サイトの紹介

日頃、私がよく利用させてもらっているサイトを紹介したいと思います。
「ビギナーズ戦法辞典」さんと「千鳥銀の戦法図鑑」さんの2つです。どちらも非常に勉強になるサイトで、多彩な戦法と詳しい説明が特徴です。私のブログのリンクにも追加させて頂いたので、皆さんもぜひアクセスしてみてください。

ビギナーズ戦法辞典
 豊富な図と分かりやすく見やすい説明が特徴。★CHECK★や★MEMO★などを駆使していて視覚にも訴えており、定跡の暗記を手助けしてくれる。初心者から有段者までお勧めのサイトです。

千鳥銀の戦法図鑑
 掲載されている戦法は200弱もあり、まさに図鑑。マニアックな戦法が多いことも特徴。Kifu for javaを利用しており、web上で棋譜を動かすことができる。将棋の幅を広げたい人や、得意戦法を探している人などにお勧めです。
2011-02-19 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

急戦矢倉~右4間飛車~

アマチュアに大人気の右4間飛車戦法。飛車・角・銀・桂を全て攻撃に参加させるのが大きな特徴で、その破壊力は数ある戦法の中でもピカイチだろう。対右4間では、次々と飛んでくる鉄球を避け続けるかのような戦いを強いられる。受け間違えれば即the ENDだ。一方、右4間飛車側としては、攻め続ける姿勢が最も大切である。それでは、矢倉戦における右4間飛車の攻防を見て頂く。


基本図
矢倉崩しと呼ばれる布陣。
後手の右4間飛車に対して、漫然と矢倉を組んでいるとこうなる。
△85桂~△65歩で先手陣は潰れている。



基本図
後手の右4間飛車に対して、先手が細心の注意を払った駒組み。
守備に関して先手陣は、上部に手厚く、玉も角筋から避けている。また、77の地点を空にしておくことで、△85桂馬の筋を無効化している。
攻撃に関しても、飛車先を伸ばすことで、いつでも反撃できる体制を取っている。



先手が矢倉囲いに組み、右4間飛車の攻撃が炸裂した例



先手が駒組みを工夫して、右4間飛車の攻撃を受け切った例
2011-02-18 : 矢倉 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

15手詰みで大熱戦を制す!

今回はハンゲーム将棋弐での1戦を紹介します。持ち時間1分、秒読み30秒、考慮回数3で相手はハンゲーの達人スピっち★さんです。4間飛車のスペシャリストで攻守にバランスの取れた棋風。その穏やかな性格からは想像もつかないような、鋭い攻めを繰り出すこともあり要注意。本局は、先手居飛車穴熊v.s.後手藤井システムとなりました。最後の最後まで勝敗が分からない大熱戦でした。それでは、お楽しみください。


▲横☆珍 v.s. △スピっち★
2011-02-12 : 自戦記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

急戦矢倉~原始棒銀~

加藤一二三九段が得意とする棒銀戦法。アマチュアにも根強い人気がある優秀な戦法だ。今回は、矢倉戦における後手の急戦としての棒銀戦法を紹介する。アマチュア初段くらいになると、このような単純な戦法は軽視されがちであるが、受け方を知らないとあっという間に敗勢に陥ってしまう。狙いは単純、しかし破壊力は抜群。その威力と、先手(棒銀を受ける側)の対策を見て頂く。

基本図
原始棒銀の基本図。
後手の狙いは、△95銀~△86歩。
先手はここから受けの方針を決めなければいけない。
先手の受け方としては①金2枚で対抗(矢倉)②角・金で対抗(中飛車)の2パターンが有力。今回は、②角・金で対抗を見て頂く。



棒銀成功例



先手の正しい受け方
2011-02-11 : 矢倉 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

居飛車穴熊 v.s. 4四銀型四間飛車①

アマチュアに大人気の4間飛車戦法。数ある振り飛車戦法の中でも最もバランスがよく、今だに根強いファンが多い。しかし、その天敵ともいうべき戦法が居飛車穴熊である。4間党の人でも居飛車穴熊に苦戦している人は多いのではないだろうか?そこで今回は、4間飛車の有力策4四銀型を見ていただく。

基本図
4四銀型四間飛車の基本図。
飛車・角・銀・桂全てを攻撃に使う迫力ある戦法である。その破壊力は藤井システムにも勝るとも劣らず、居飛車側も対策を知らないと一気につぶされてしまう。



4間飛車 v.s. 居飛車穴熊

2011-02-04 : 四間飛車 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

よこちん

Author:よこちん
■ハンドルネーム
24:yokotin+(最高四段)
ハンゲー:横☆珍(銀将~金将)
天下一:よこちん*(天鬼神、水属性)
将棋ウォーズ:yokotin4(最高五段)
■好きな戦型:矢倉、四間飛車
■棋風:受け

※棋譜掲載にはフラ盤Single β0.80を使用しています

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。